セラミドの種類とその違い



セラミド完全ガイド~乾燥肌・敏感肌の救世主!疑問はココで解決!



セラミド完全ガイド » セラミドの基礎知識 » セラミドの種類とその違い

セラミドには種類がある!

肌には11種類のセラミドがある(※もっとあるかも)

● セラミド1
⇒水分保持機能、外部刺激に対する優れたバリア機能

● セラミド2
⇒高い水分保持機能

● セラミド3
⇒水分保持機能、シワを軽減する機能

● セラミド4
⇒角質の脂質バリア層を作り、保持する機能

● セラミド5
⇒角質の脂質バリア層を作り、保持する機能

● セラミド6
⇒水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能

● セラミド6Ⅱ
⇒水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能

● セラミド7
⇒細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚にある菌のバランスを整える

● セラミド8:不明
● セラミド9:不明
● セラミド10:不明

このなかで一番人間の肌に多く含まれているのは「セラミド2」です。そのため肌に及ぼす影響力が非常に高く、 セラミド配合の化粧品もこのセラミド2を配合しているものが多いです。非常に高い保湿力もありますしね。

他にもセラミド1、3、6の不足は肌の乾燥や敏感肌、アトピー性皮膚炎への影響が特に強いといわれています。

以上のことを踏まえると、外部からセラミドを補給する場合は、セラミド1、2、3、6のいずれか、あるいは全部を含むものを選ぶのがいいということです。

化粧品に配合されているセラミドの種類

化粧品に配合されているセラミドはさまざまな種類があり、原料に応じて大きく4つに分類できます。 見分け方としては成分表示をよく見ること。それぞれのセラミドの種類に応じて成分の表記が違うのですぐわかると思います。

セラミドの種類は以下の通り。


天然セラミド 成分表示「ビオセラミド」「セレブロシド」

馬が多いですが動物由来のセラミドです。セラミド1~7をすべて含有。肌に浸透しやすく親和性が高いのが特徴。 使い続けるとセラミドの産生量を増やす働きも期待できるといわれています。価格が高いのがネック。


植物性セラミド 成分表示「植物性セラミド」「コメヌカスフィンゴ糖物質」など

コメ、トウモロコシ、大豆、コンニャク由来のセラミドです。最近はコンニャクセラミドが安価で大量生産できること、 コメ、大豆、麦など違ってアレルゲンになりにくい点が注目されています。


バイオセラミド 成分表示「セラミド2」「セラミド3」など

人の肌にあるセラミドを真似て酵母から作ったセラミドです。ヒト型セラミドともいわれるように肌にあるセラミドと まったく同じ構造をしており、天然セラミドに負けない保湿力と浸透力があり、しかも安価で安全。


合成セラミド 成分表示「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」など

セラミドに類似した物質を化学的に合成したもの。セラミドに似た分子構造をしていますが、あくまで似たようなもの ということでまったくの別物。疑似セラミドともいわれています。価格は非常に安いです。