セラミドってどんな美容成分!?

肌のバリア機能を担う最重要成分「セラミド」

保湿成分として乾燥肌や敏感肌用の化粧品に配合されている「セラミド」。その抜群の保湿力はヒアルロン酸や アミノ酸、コラーゲンといった有名な成分よりもはるかに優れており、最強の保湿成分との呼び声が高いです。

ヒアルロン酸やコラーゲンと、セラミドが決定的に異なる点は、セラミドが肌のバリア機能として働く『細胞間脂質』の主成分 だということ。肌内部からの水分蒸発を防ぎ、外的刺激から肌を守るための最重要成分だということなんです。

しかし、このセラミドが加齢や間違ったスキンケアなどのせいで減少してしまうと肌のバリア機能が正常に保てなくなるため 紫外線や細菌といった外部刺激に極端に弱くなってしまいますし、肌荒れや乾燥を引き起こしやすくなります。ようするに 乾燥肌や敏感肌というのはセラミド不足が原因だってことです。

アトピー性皮膚炎というのは、セラミド不足が最も顕著な形であらわれた肌トラブルだといえます。(アトピー肌というのは 生まれつきセラミドが少なかったり、作る力が弱いとなりやすいそうです。)

というわけで、より詳しいセラミドの働きについてはサイト内で説明、解説していくのでそちらを参考にしてほしいのですが、 潤いあるトラブル知らずの美肌を手に入れたいというのであれば、何にも優先してセラミドを補給してほしいというわけなんです。

そのための効率的な方法やおすすめのスキンケア化粧品なども当サイトがばっちり紹介していきます。是非、参考にしてくださいね。


セラミド完全ガイドのカテゴリ一覧

セラミドの美肌効果について

セラミドの美肌効果について
乾燥肌や敏感肌の改善、肌荒れの予防、美白を促進するなど様々な美肌効果があります。

セラミドを減らす原因は?

セラミドを減らす原因は?
加齢だけでなく、毎日のスキンケアが原因でセラミドが減ってしまうことがあります。

アトピーへの有効性

アトピーへのセラミドの有効性
肌のバリア機能を改善する効果がアトピー性皮膚炎の治療にも期待されているようです。

「飲む」or「塗る」どっちがいい?

セラミドを増やす方法
セラミドを補給する方法には2種類、「飲む」と「塗る」という方法があります。

乾燥肌・敏感肌の方に役立つおすすめサイト情報

セラミド不足が乾燥・敏感肌の原因!?

保湿はスキンケアの基本です。皮脂・天然保湿因子・セラミドなど細胞間脂質といった保湿物質が たっぷり肌にある10代、20代のうちは化粧水で水分を補給するだけでも肌が潤う実感はあると思いますが 30代以降、肌の保湿物質が減ってくるとどうしても乾燥しやすくなりますし、肌も敏感になってきます。

バリア機能を保ち潤いを逃がさないためには、それ相応の基礎化粧品を選ばないといけません。そんなときに便利なのが比較サイトやランキングサイト。

敏感肌化粧品ランキングなどをチェックしながら今人気のセラミドを補える基礎化粧品を探してみるといいかもしれません。是非チェックしてみてください。